住宅ローンを利用する際に知っておくと便利な手続きについての豆知識

住宅ローンを検討中の方へのミニアドバイス

カフェテリアスペース住宅ローンとは主にマイホーム購入をする時に利用するローン制度となっており、不動産ではなく銀行で申し込みをすることが基本となります。
そこで実際に手続きを進めていく場合において、事前に知っておくと役立つ豆知識を紹介します。

過去のクレジットカードヒストリーが審査されます

1つめの豆知識として、これまでの借り入れ記録を銀行で調べられることが多くなっています。
この借り入れ記録についてですが、主にクレジットカードの使用記録や返済に関する情報となっています。
銀行や消費者金融などの会社では、こういった借り入れ記録というものを共用して調べることが出来るシステムが導入されています。
実際に多額の融資を銀行側ですることになるため、こういった情報を確認することはとても重要となっています。
これを業界用語で信用情報照会と呼ばれており、借り入れサービスを利用すると真っ先に調べられる内容となります。
なので仮にクレジットカード払いを過去にした上で、延滞記録などがあると不利になることがあるので注意が必要です。

勤務実態と勤続年数が重要な審査基準となります

そして住宅ローンの手続きにおいて、2つめに重要となっているのが勤続年数となっています。
銀行側における基準や目安として、同じ会社に3年以上勤めている場合には審査が有利になることが多いです。
これはあくまでも基準となっているので、5年や10年以上同じ会社に勤務していればさらに優遇されることがあります。

正社員と派遣社員では安定性が大きく異なります

ですがここで1つ注意をしないといけないことがあり、それは雇用形態がどんなものであるかとなります。
一般的に銀行側での判断基準として、正社員が公務員という雇用形態を重要視する傾向が強いです。
理由としてこれらの雇用形態は収入が安定している傾向が強いため、手続きにおいても審査員の心情も良くなります。
逆にアルバイトや自営業者の場合には収入が不安定を認識されることがあるため、その点においては申し込みをする時に注意が必要です。