住宅ローンとリフォームローンの違いについての説明

リフォームローンと住宅ローンを比較して検証してみよう

銀行でマイホーム購入をする際の融資を依頼するケースが多くなっており、一般的に住宅ローンを使用することが多いです。
しかしそれ以外にもリフォームローンという制度もあるため、これらの違いについて説明をしていきます。

住宅ローンの特徴と審査

1つめに住宅ローンについて説明をしていくと、こちらは利用した場合において金利が比較的安くなっています。
一般的に1%から2%前後となっていることが多く、銀行で融資出来る金額についても多額まで受けることが可能です。
返済期間についても長く設定出来ることが多くなっており、数十年単位で返すプランを立てることも可能です。
しかしその一方で銀行側での審査基準が厳しくなっており、最終的な結果が出るまで時間を有することになります。
また必要書類などの数も多くなることから、必然的に手間や時間がかかってしまうローン制度となっています。

リフォームローンの特徴と審査

2つめにリフォームローンについて紹介すると、こちらは住宅ローンに比べて審査基準が緩くなっています。
なので比較的簡単に申し込むことが可能となっていますが、その一方で注意しなければいけないこともあります。
借り入れ金額が少額となっており、最高でも数百位万円程度となっていることが多いです。
さらに返済する場合の期間も10年前後となっており、比較的短時間で全額返済しなければならないです。
そして金利についても3%から5%前後となっているので、この点においても色々と注意が必要となっています。
とはいえ比較的すぐに融資を受けることが可能なので、数十万円単位でお金を借りたい時には便利な制度となっています。
なのでどちらが優れているということではないため、臨機応変に2つのローン制度を使い分けることが重要となります。