住宅ローン利用時における一般的な審査基準についての説明

住宅ローンは家の購入での基本

紫に染まるバースペース社会人になると誰もが一度は考えたことがある内容としてマイホーム購入であり、主に不動産というお店で注文が行えます。
しかし商品の中には1千万円以上する物件が多数あることから、多くの方は住宅ローンを利用するケースが多いです。
このサービスについては誰でも利用出来るわけではなく、事前に銀行や金融機関による審査が行われます。
一般的にこの内容として、銀行などに融資を依頼した方の職業などが確認されることが多くなっています。

審査の基準は少額の融資やキャッシングよりも厳しい

具体的に説明をしていくと、どういった職業や雇用形態となっているかがポイントとなっています。
銀行で住宅ローンを利用する場合においては、数百万円から1千万円以上融資を依頼することが多いのが現状となります。

正社員でいるかどうか

なので銀行などで行う審査基準として、1つめに雇用形態が正社員であるかが関係していきます。
正社員とは基本的に終身雇用されている身分となっているので、銀行側では安定した収入があると判断されます。
逆にアルバイトや派遣といった雇用形態の場合には、定職に就いていないと判断されることがあります。
なので雇用形態としては正社員が断然有利となり、銀行などでの融資も受けやすくなります。

金額と年収のバランス

そして2つめの審査基準として、実際に融資を受ける金額と年収が釣り合っているかとなっています。
銀行に融資を申し込む場合においては、利用者の年収証明証を提出する必要があります。
その年収額と融資額の差があまりにも大きい時には、仮に雇用形態の基準をクリアしていても断れることがあります。
一例として年収300万円前後の方が1億円の融資を依頼した時には、金額に大きな差が生じることになるので注意が必要です。
なお住宅ローンは銀行などで申請をする制度なので、不動産は基本的に関与しない内容となっています。