夜景がきれいなタワーマンションで開かれる住宅ローン品評会

住宅ローンという制度についての説明や特徴について

住宅ローンは常に組めるとは限らない

住宅ローンファンクラブのクラブラウンジ不動産物件を購入する際において、一度は考えることがあるのが住宅ローンです。
住宅ローンという制度を利用することで、分割払いで大きな買物が出来、安定して返済することが可能となります。
主に物件購入をする時に利用することが多いので、不動産では常にこれを申し込めると考えている方がいます。
しかし実際には少し事情が異なっており、申し込みや融資をする相手については銀行が基本となっています。
つまり審査があるのです。
住宅ローンファンクラブでは、会員に住宅ローンを組んでいるユーザーのみという条件を設けています。
住宅ローンの組み方や基礎知識から考えていきましょう。

住宅ローンは銀行や金融機関で組むローン

銀行では利用者のために、住宅ローンという形で多額の融資や貸し出しを行っているサービスがあります。
そこで住宅ローン おすすめポイントとなる要素がいくつかあります。

金利について

1つめにローン利用時における金利について確認をすることが大切です。
一般的に数百万円以上の融資を受けることが多いため、この金利というものがとても重要となっています。
仮に1千万円の融資を依頼した場合において、金利が1%上昇するだけでも10万円増額されることになります。
なので金利が出来るだけ少ない銀行を選ぶことが、上手にローンを利用するための秘訣となっています。

借り入れの審査について

また2つめにおけるポイントとして、共働きしている夫婦が申し込む場合に該当します。
こういった家庭が申し込む場合においては、基本的に夫婦で住宅ローンを申し込むケースが多いです。
通常であれば1人だけの審査で済みますが、このケースにおいては2人分の審査が必要となります。
仮に妻の方で記録に問題がなくても、夫の方で過去にカード払いなどの延滞記録があった場合には注意が必要です。
こういった自体になってしまうことで、銀行側でマイナス要因として認識されることがあります。
また糖尿病や高血圧といった生活習慣病がある場合においても、審査時において若干不利になることがあります。
病気の突然の発症によって退職する可能性があるため、申請をする際においては注意が必要です。

新しい住宅ローン記事